Oculus Rift → Quest の良かった悪かった点

Oculus Rift 利用者が Quest を使ってみて感じた相違点をメモ。

センサーが不要になって真の自由を手に入れた感

Oculus Rift ではセンサーが机の上をある程度占有します。
そしてPCにつなぐ必要があるので、どこにでもセンサーを置けるわけではなく、広い机やPCの場所などを制限されます。

これが結構なストレスでしたが、Quest になって本体にセンサーが内臓されるようになり、PCへの接続も不要になったので、VR端末としての物理的な自由度がかなり高まりました。

真の自由を手に入れたVR端末って感じ。

“Oculus Rift → Quest の良かった悪かった点” の続きを読む

Oculus Rift の感想

Oculus Rift を貰ったので、トラブルや感心したところなどを自分用にまとめたいと思います。あと、新しいWordpressエディタの練習

Oculus Rift の環境構築について

HDMIが足りない!

ヘッドセットはHDMIを1つ、USB3.0を1つ、左右のセンサーにUSB2.0を2つ必要なのですが、HDMIをメインディスプレイに使っていて、空きがありませんでした。

ディスプレイと接続しているグラフィックボード(グラボ)はGTX1070なのですが、HDMI端子が1つ、DisplayPort(DP)端子が3つ、DVI端子が1つというものでした。

これに対して、現在利用中のディスプレイは2つあって、古い方はDVI端子かD-sub端子しか使えないのが1つ、新しい方(10年前)のがHDMI端子かDVI端子じゃないとダメというものでした。

つまり、HDMI端子とDVI端子はディスプレイで使うので、ヘッドセット用のHDMI端子が足りないのがまず大きな問題でした。

これを解決するために、DP端子とHDMI端子を変換する機器(変換ケーブル)を購入することになりました。

そしてまだ問題があって、変換ケーブルでヘッドセットのHDMIをDPに変えてグラボにつなぎましたが、ヘッドセットに何も映りませんでした。

どうやらヘッドセットのHDMIはグラボに直接つながないとダメなようです。

なので、結局、HDMIを占有していたディスプレイを変換ケーブルでDPとして接続するようにしました。

“Oculus Rift の感想” の続きを読む