【ウマ娘】サポート完凸比較用スプレッドシートを作りました

ウマ娘プリティーダービーに現在(2021年5月)公開されているサポートカードの完凸状態におけるトレーニング予測値をまとめたスプレッドシートを作ったので公開しようと思います。

使い物になるかは正直微妙なところです。

例えば、新キャラが実装されたときに、「無凸だとどれくらいの位置にいるのかな?」とかを調べられたりするかも。

閲覧のみ(編集不可)になっているので、自分用に使いたい場合は、メニューの「ファイル」から「コピーを作成」を選んで、このスプレッドシートをコピーして下さい。

コピーされたものなら自由に編集できます。

※ 入力されたデータは攻略サイトの目コピなので、もしかするとどこか間違っているかもしれません。

※ キャラ補正値、トレーニングレベル、人数補正、やる気補正など、状況に合わせて適時変更する必要があるのでご注意ください。

※ 固有ボーナスの初期ステやレースボーナス、得意率などは予測値算出に不要なので(調べるのが面倒なので)値が入力されていません。

※ 予測値はサブステータスの考慮していません。例えば、スピードトレーニングではスピードと一緒に上がるパワーは考慮してないです。

※ 「手持ち」シートは私の手持ち状態を比較するために入力されたものなので、ファイルをコピーしてからご自由に変えてください。

※ 「複数トレーニング」シートは、緑のセルに「番号」を入力すれば「手持ち」からデータを呼び出します。さらに、参加、友情が発生しているサポートには「1」を緑のところに入力すると自動でトレーニング予測値の一覧が計算されます。


以下が、そのスプレッドシートです。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1PdjGxxVOdwI5j3IWURIIaHI9_JLf0Z3fItwQo4Ddr1U/edit?usp=sharing


【原神】魔晶石マラソンの調査記録報告書「NPCによって魔晶石の出現位置が決まるという仮説」

毎日の日課の人も多いかもしれない魔晶石マラソン。

水晶フルマラソンと並行して、毎日リポップする魔晶石の中にも水晶があるので、毎日鍛造をMAXで作成させるなら、毎日頑張らないといけないかもしれない(ただしソロプレイヤーに限る)。

私はあまりに苦行だったので、最近このマラソンを引退しましたが、その中で法則性みたいなものを発見したので、この記事に報告書として簡単にまとめておこうと思います。

NPCによって決まるという仮説

魔晶石のポップする場所について、一定の地域によるランダムポップ説が有力ですが、私はNPCによって出現位置がある程度定まっているのではないかという仮説を立てています。

既にご存知かもしれませんが、モンド、璃月それぞれに魔晶石のポップする場所を教えてくれるNPCが4人ずつ存在します。

“【原神】魔晶石マラソンの調査記録報告書「NPCによって魔晶石の出現位置が決まるという仮説」” の続きを読む

【原神】空月の祝福と天空紀行どっちがお得?

空月の祝福610JPYと天空紀行1220JPYってどれくらいの差があるかご存知でしょうか。

今月はお財布が厳しくて、どっちかだけしか課金できないけど、どっちがいいの?
という方への参考になれば幸いです。

2021年2月3日アップデート分更新

“【原神】空月の祝福と天空紀行どっちがお得?” の続きを読む

さくらのVPSでサーバーを壊しちゃったのでDockerSwarmを導入してWordPressを再構築してみた

きっかけは、さくらのVPSをスケールアップしたときストレージが増えたはずなのに、サーバーではそれが反映されてない(容量が少ないまま)って記事を見つけたのが始まりです。

「あれ?1Gプランにして、ストレージが50GBに増えたはずなのに、内部的には25GBしか使えてないな」

「それじゃ、さくらのVPSのスケールアップの反映について公式マニュアルがあるから、これを参考にやってみるか」

中略

「・・・再起動しても、OSが立ち上がってこない🥺」

“さくらのVPSでサーバーを壊しちゃったのでDockerSwarmを導入してWordPressを再構築してみた” の続きを読む

Oculus Rift → Quest の良かった悪かった点

Oculus Rift 利用者が Quest を使ってみて感じた相違点をメモ。

センサーが不要になって真の自由を手に入れた感

Oculus Rift ではセンサーが机の上をある程度占有します。
そしてPCにつなぐ必要があるので、どこにでもセンサーを置けるわけではなく、広い机やPCの場所などを制限されます。

これが結構なストレスでしたが、Quest になって本体にセンサーが内臓されるようになり、PCへの接続も不要になったので、VR端末としての物理的な自由度がかなり高まりました。

真の自由を手に入れたVR端末って感じ。

“Oculus Rift → Quest の良かった悪かった点” の続きを読む

【Unity入門】新しくなったUnity公式チュートリアルを軽く解説

ひと昔前までは、Unityの公式チュートリアルといえば以前解説したような、動画形式の簡素なものでしたが、今は新しくチュートリアル専用のサイトとして「Unity Learn」があります。

以前のRoll-a-ballのチュートリアルページは、この「Unity Learn」に再編されていて古いリンクはこちらのサイトへリダイレクトされるようになっていました。

Roll-a-ball – Unity Learn(英語版)玉転がし – Unity Learn(日本語版)

で、今回は、この玉転がしの解説ではなく、新しく作られたチュートリアルサイトで初学者が「これってどこから手を付けたらいいの?」「入り口はどこにあるの?」という素朴な疑問を解消するために、サイトでの最初の道筋を解説してみたいと思います。

“【Unity入門】新しくなったUnity公式チュートリアルを軽く解説” の続きを読む

東方キャノンボールってどうしたら面白くなるだろう?

「面白くない」だけじゃだめ

ゲーム開発への知見を深めるために、日課と言うほどではないですが、プレイしたゲームが面白いか面白くないかを真剣に考えることがあります。そして今回は東方キャノンボールを少しプレイしてみました。

“東方キャノンボールってどうしたら面白くなるだろう?” の続きを読む

【ダビマス】カラムーン1974の配合を考えてみた 配合の基本と攻略

配合のお助けアイテム

ダビマス初心者を卒業するには、配合を自分で考えることが不可欠です。しかしながら、配合の仕組みは複雑で、どうすればになるのか分からない人が多いと思います。

そこで!

手っ取り早く配合を理解できるスプレッドシートをご用意しました!

配合計画書(公開用)

コピーを作成を実行すれば、自分のGoogleドライブに編集できるファイルを保存できます。Googleアカウントをお持ちでない方は、形式を指定してダウンロードからエクセルファイルなどにしてダウンロードしてください。

系統や因子はスプレッドシート内の各セルがそれぞれリンクするようになっているので、一番古い祖先のデータを入力すれば、他の全ての空欄に自動的に入力されるようになっています。

例として、ダイワメジャーとエイシンサニーが最初から入力されています。

この配合計画書をよく見て、実際に入力してみれば、配合の血統や因子がどのように引き継がれていくかを理解できると思います。

“【ダビマス】カラムーン1974の配合を考えてみた 配合の基本と攻略” の続きを読む

Oculus Rift の感想

Oculus Rift を貰ったので、トラブルや感心したところなどを自分用にまとめたいと思います。あと、新しいWordpressエディタの練習

Oculus Rift の環境構築について

HDMIが足りない!

ヘッドセットはHDMIを1つ、USB3.0を1つ、左右のセンサーにUSB2.0を2つ必要なのですが、HDMIをメインディスプレイに使っていて、空きがありませんでした。

ディスプレイと接続しているグラフィックボード(グラボ)はGTX1070なのですが、HDMI端子が1つ、DisplayPort(DP)端子が3つ、DVI端子が1つというものでした。

これに対して、現在利用中のディスプレイは2つあって、古い方はDVI端子かD-sub端子しか使えないのが1つ、新しい方(10年前)のがHDMI端子かDVI端子じゃないとダメというものでした。

つまり、HDMI端子とDVI端子はディスプレイで使うので、ヘッドセット用のHDMI端子が足りないのがまず大きな問題でした。

これを解決するために、DP端子とHDMI端子を変換する機器(変換ケーブル)を購入することになりました。

そしてまだ問題があって、変換ケーブルでヘッドセットのHDMIをDPに変えてグラボにつなぎましたが、ヘッドセットに何も映りませんでした。

どうやらヘッドセットのHDMIはグラボに直接つながないとダメなようです。

なので、結局、HDMIを占有していたディスプレイを変換ケーブルでDPとして接続するようにしました。

“Oculus Rift の感想” の続きを読む

🍜京都一乗寺でおすすめラーメン屋さんを探す!

京都一乗寺のラーメン店をいろいろ巡ってその味をブログに残してみます。美味い不味いではなく、なるべくその味の特徴を書き残せればと思います。店舗情報には無料サービスや特徴を、ラーメン情報には麺の種類や味の特徴など以下のようにまとめていきます。店舗の順番は記録した日付順です。徐々に内容を充実させていこうと思います。

定休日と営業時間(平日)の一覧表を作ってみました

店舗情報
【営】営業時間(随時更新予定)
【席】ざっと数えた席数
【雰】内装の雰囲気、お店の雰囲気など
【備】無料のトッピング、サービスなど

ラーメン情報
【麺】麺の種類(低加水、多加水)、印象など
【具】入っている具材
【ス】スープの種類、印象など
【量】食べたときの満腹感
【肉】チャーシューの大きさ、味など
【甘】甘さ
【酸】すっぱさ
【塩】しょっぱさ
【苦】にがさ
【脂】脂っこさ
【辛】辛さ
【お】個人的なおすすめ度

“🍜京都一乗寺でおすすめラーメン屋さんを探す!” の続きを読む