【ダビマス】カラムーン1974の配合を考えてみた 配合の基本と攻略

配合のお助けアイテム

ダビマス初心者を卒業するには、配合を自分で考えることが不可欠です。しかしながら、配合の仕組みは複雑で、どうすればになるのか分からない人が多いと思います。

そこで!

手っ取り早く配合を理解できるスプレッドシートをご用意しました!

配合計画書(公開用)

これをパソコンにダウンロードして好きに使ってください。

系統や因子はスプレッドシート内の各セルがそれぞれリンクするようになっているので、一番古い祖先のデータを入力すれば、他の全ての空欄に自動的に入力されるようになっています。

例として、ダイワメジャーとエイシンサニーが最初から入力されています。

この配合計画書をよく見て、実際に入力してみれば、配合の血統や因子がどのように引き継がれていくかを理解できると思います。

を目指す

を生み出す条件

  1. 牡馬の親系統のすべてが7種類以上(1つまで重複できます)
  2. 牡馬の黄色部分の系統、牝馬の黄色部分の系統が同じ

この2つの条件を同時に満たす必要があります。

1については、種牡馬の親系統が最初から7種類になっている馬もいれば、系統が重なりまくって4種類や5種類の馬もいます。

7種類でない牡馬は、一度牝馬と配合して、配合後に7種類になるようにします。これをダビマス用語で「薄める」と言うらしいです。

また、1だけを満たす配合をゲーム内では「面白い配合」として表示されます。面白い配合を意識すると、次の代で完璧な配合を狙えるということです。

2については、順番は問題ありません。また、2種類以上同じであった場合、例えば、牡馬の黄色部分がRoNaNaHaであったなら、牝馬はHaNaHaRoでも大丈夫です。組合せが同じなら有効になります。

2だけを満たす配合をゲーム内では「見事な配合」として表示されます。つまり、面白い配合&見事な配合=となります。

ちなみに「よくできた配合」は、 黄色部分の3つの系統が同じであるときに表示されます。

配合計画書を使い、緑色と黄色(ゲーム内の血統表と同じ個所に同じ色を塗っています)部分の系統を「」の条件になるように調整しましょう。

カラムーン1974による実例 その1

さて、配合の基本を理解しただけでは、「実際どうすればいいの?」という壁に直面すると思いますので、これから実例を示しながら、どういった手順で何を目標に配合を考えればいいか、それを書いていこうと思います。

ここからは難易度ハードなので心して読んでください。

まず、BCに登録したい馬に「非凡な才能」を付けたい場合、カラムーン1974など非凡な才能をもった馬を牡馬にして配合する必要があります。

では最初に、カラムーンの血統表を見てみると、こうなっています↓

ではこのカラムーンで「完璧な配合」は可能でしょうか?

正解は、不可能です。

緑と黄の親系統を数えてみてください。

Ns、Ec、Ec、Ec、St、He、Fa、Ph、何種類でしょうか。

6種類ですね?つまり、の条件の1つ目、7種類以上の系統を牡馬が持ってないと、どうやっても完璧な配合になりません。なので、まずはこのカラムーンを薄めて、系統が7種類になるようにするのが第1目標です。

実例 その2

次に意識しなければならないのは、因子です。

カラムーンを薄めて使う前提で、因子はどうなるでしょうか。

カラムーンを薄めたときの系統と因子はこうなります↓

牝馬部分はまだ何にするか決められないので、確定している部分だけで、このカラムーン産馬と因子がクロスするような配合を考えます。

狙い目は「短」因子が付いている

  • 底短 Grey Sovereign
  • 気短 Nasrullah

この辺りでしょうか。もちろん狙えるなら、なるべく多くの因子とクロスするようにした方がいいです。ここでは分かりやすく、この2種類の因子のみを考えて配合を組み立てます。

確定している部分のみで条件を考えると、このカラムーン産馬のお相手は

  • Grey Sovereign 、 Nasrullahの因子どちらか(両方)持っている
  • 親系統の黄色部分に、Ec、Faが含まれている

ここまで条件を絞ることができます。

実例 その3

では、次にカラムーン産馬のお相手を探してみましょう。

ゲーム内の配合掲示板では、牝馬をある程度検索することができます。

牝馬検索ボタンから、左下のボタンを押して表示順変更を開き、下にスクロールさせると系統の絞り込み設定部分があります。

配合掲示板などゲーム内で指定できるのは、黄色部分の1つ目(父系統)と3つ目(母父系統)になります↓

実例その2で確定していた、カラムーン産馬とので、Ec、Faを含む必要があるのは覚えているでしょうか。

一番手っ取り早いのは、この検索で、Ec、Faを指定して検索に引っかかるかどうかですが・・・

検索ヒット数・・・0!

2つ目と4つ目の条件も指定出来たら、もしかすると条件に合う牝馬がいるかもしれません。

全ての牝馬情報から、手探りでEc、Faを含む牝馬を探すのも一つの手段ですが、今回は「なければ作ればいいじゃない」ということで、カラムーン産馬のお相手を自家製牝馬にしてみましょう。

実例 その4

自家製牝馬の条件は、以下の通りです。

  • Grey Sovereign 、 Nasrullah の因子
  • 親系統が、Ec、Fa

・・・Ec、Fa、実は配合で非常に厄介な系統でして、

種牡馬で該当する父系統を検索すると

Ec種牡馬は

  • 凄馬 ☆5ニットエイト1968
  • 凄馬 ☆5ナオキ1975
  • ☆1ワンモアライブ

Fa種牡馬は

  • ☆5アイランドホワール
  • 凄馬 ☆5 アウザール1992
  • ☆5ホクトシチセイゴー20xx
  • ☆4アイランドホワール
  • ☆3リンドホシ

と入手困難または、微妙な種牡馬しか存在していないので、自家製を作る上で、Ec、Fa系統は工夫してやる必要があります。

例えば、種牡馬を父系統ではなく、母父系統で検索すれば、☆5ギャロップダイナなど、比較的入手が楽な種牡馬を指定したりできます。

・・・ここで悩みます。このまま条件が厳しいEc、Faの種牡馬を目指すと、肝心の短因子のクロスを厳選できません。

配合計画で難しいのは、系統条件を満たしつつ、因子が入っている自家製馬を考え出す、これが難題です。

実例 その5

種牡馬検索、牝馬検索を使って、Ec、Faを持ちつつ、短因子がクロスできそうな馬がひとつ見つかりました。

☆3カミノテシオです。

今回はこれを使って行きます。カミノテシオを使ったときの自家製牝馬はこうなります↓

カラムーン産馬の因子とクロスする部分が、丈長のPrice Bio、気短のNasrullahと、いい感じに因子が付きます。

そして、黄色部分にFaを持たせることが出来ました。

あとは、Ecを持ってる牝馬を探しましょう。

・・・Palestineがあるセカンドアニバサリが良い感じです。

この時、良い因子を持ってる牝馬が見つからなかったときは、少しでも生まれてくる牝馬のスピスタアップを狙って、カミノテシオと「よくできた配合」になるような牝馬をあてがうのも有りです。

今回はセカンドアニバサリと配合してみます。

これで、カラムーン産馬のお相手は完成です。

あとはカラムーン産馬の確定していなかった牝馬の部分を決めましょう。

自家製牝馬の黄色部分が、St、Fa、Ma、Ecなので、カラムーン産馬も同じ系統になるようにします。

実例 その6

カラムーン産馬で牝馬を探すときに忘れてはいけないのは、産馬の系統が7種類以上になっていないといけない、ということです。

つまり、産馬の残りの空白部分は、

  • 黄色部分は、St、Ma
  • 緑色部分は、NsEcStFaMa以外の系統

で埋めないといけません。

配合掲示板の牝馬検索では、絞り込み設定で、父系統、母父系統ともに、NsEcStFaMaのボタン「以外」を押して検索します。

そして、黄色部分の2つ目と4つ目が、St、Maの組み合わせになっているものを探します。

・・・現状、血統表ボタンを各々押していき、2つ目と4つ目を目視で確認しつつ探すしか方法はありません。気合で探しましょう。(父母父と母母父も検索できるようにならないかな)

・・・(15分ほどポチポチ血統を確認中)・・・

・・・見つけました。アルカシヨンがいけますね。

散々探しても見つからないことがあります。そのときは、この牝馬も自家製で作りましょう。今回は見つかってよかった。

カラムーン産馬はこうなります↓

どうでしょうか。親系統は、NsEcStFaRoStNeMaと、St被りですが7種類以上の条件1をクリアしていますし、黄色部分が、EcFaStMaとStFaMaEcと4つ同じ系統の条件2もクリアになってますね。これでカラムーン産馬とカミノテシオ産馬はになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、強引に2代でを目指しましたが、上級者になると、完璧な配合を3つ連続で続くような配合(その場合はたいてい、因子クロスは1ついければOK)を考えたり、自家製牝馬のスピスタがAAになるまで配合を繰り返し、それからその牝馬を土台に本命の配合計画を作る、みたいなやり方もあります。

また、このような計画を、いざ実行してみても、たいして強くない馬しか生まれてこないというパターンは往々にしてあります。

そこがダビマスの罪深い所であったり、奥深い所であったり、面白い所であったりするので、みなさんもオリジナルの配合計画を立てて楽しみませんか?ダビマスがもっと面白くなると思います。

Oculus Rift の感想

Oculus Rift を貰ったので、トラブルや感心したところなどを自分用にまとめたいと思います。あと、新しいWordpressエディタの練習

Oculus Rift の環境構築について

HDMIが足りない!

ヘッドセットはHDMIを1つ、USB3.0を1つ、左右のセンサーにUSB2.0を2つ必要なのですが、HDMIをメインディスプレイに使っていて、空きがありませんでした。

ディスプレイと接続しているグラフィックボード(グラボ)はGTX1070なのですが、HDMI端子が1つ、DisplayPort(DP)端子が3つ、DVI端子が1つというものでした。これに対して、現在利用中のディスプレイは2つあって、古い方はDVI端子かD-sub端子しか使えないのが1つ、新しい方(10年前)のがHDMI端子かDVI端子じゃないとダメというものでした。

つまり、HDMI端子とDVI端子はディスプレイで使うので、ヘッドセット用のHDMI端子が足りないのがまず大きな問題でした。

これを解決するために、DP端子とHDMI端子を変換する機器(変換ケーブル)を購入することになりました。

そしてまだ問題があって、変換ケーブルでヘッドセットのHDMIをDPに変えてグラボにつなぎましたが、ヘッドセットに何も映りませんでした。どうやらヘッドセットのHDMIはグラボに直接つながないとダメなようです。なので、結局、HDMIを占有していたディスプレイを変換ケーブルでDPとして接続するようにしました。

センサーの配置に四苦八苦

Oculus Rift を使えるようにするには、専用のソフトウェア(公式でダウンロードできる)を使って、そのソフトのマニュアル通りに設定する必要があります。その中で、2つあるセンサーの設定がかなり時間がかかりました。

まず、センサー間の距離が1m以上ないとダメという部分で嵌りました。自分の作業机は横幅が120cmあるんですが、そこの中央にメインディスプレイ、その左横にやや斜めにサブディスプレイを置いていました。

最初は、サブディスプレイを少し左に寄せて、メインディスプレイの両端にセンサーを置いて設定が上手く行くのでは、と甘い期待をしていたのですが、どうやっても距離が近すぎるというエラーが出てダメでした。

なので、机(120cm)の左端と右端にセンサーを置いて、Oculus Rift を使う時だけ、メインディスプレイを右に寄せて、サブディスプレイをセンサーの邪魔にならないように奥に寄せて配置するようにしました。これでセンサーの距離の問題は解決しました。

次に、プレイエリアの距離、つまり、センサーとコントローラーが近すぎるという問題が発生しました。センサーは机の左奥と右奥に置いて、机の前の椅子をどけて、その位置に立って設定していました。

センサーと立ち位置の直線距離はおおよそ150cmぐらいで、自分では十分離れている感じでしたが、2mぐらいは離れないといけないようです。なので、椅子の後ろの物をさらにどけて場所を広げる必要がありました。横幅に関してはエラーが出なかったので、横は120cmほどでもいいみたいです。

そして重要なのが、センサーの中央に立たないといけないという部分で、2つのセンサーが立っている場所から見て、左右対称に置かれてないといけないというのが地味に面倒でした。

例えば、左のセンサーだけ机から左に離れた場所に置くとすると、その分、左右のセンサーの中心位置、つまり立ち位置も左にずれてしまいます。なので左右のセンサー間が1m用意できなかった場合、左と右を均等に離さないと、立ち位置、プレイエリアが面倒なことになるということです。

メガネを何とかヘッドセットに入れる

ヘッドセット系機器とメガネの相性はいつも悪いです。Oculus Rift を使うときに一番心配したのは、メガネを着用したままヘッドセットをかぶれるか、という部分でした。結論から言えば、かぶれました!やったぜ!

ヘッドセットをかぶるには、まずヘッドセット左右のバンド(バリバリっとはがせるやつ)を外します。これで前後にかなり大きな空きを作れるので、メガネかけたまま、メガネをかぶるときに無理やり筒の中にねじ込みます。

かなり強引にねじ込むので、ヘッドセットを外すときはメガネも取れてしまいます。ヘッドセットのような、かぶる系の機器はメガネのことを考えてくれないので、Oculus の開発者さん、是非、ヘッドセットが大きくなっても構わないので、メガネがすっぽり嵌るようなヘッドセットを開発してください。お願いします。

Oculus Rift で実際遊んでみて

コントローラーの電池パックが何気にすごい

電池入れるところすごくないですか?!ここに特許持ってそう。磁石なのか分かりませんが、フタを閉めるとき、フタを接合部に近づけると、吸いつけられるように閉まります。これがすごく快感で、おお!ってなりました。(こんなので感動する人少なさそうw

コントローラーのセンサーがすごい

プレイしているとき、最初は気付かなかったんですが、これ、ボタン各種に接触センサーが付いていて、触れているだけでワンアクション増えているんですね。

これは今までの日本のゲーム機には無かった部分だと思います。AボタンやBボタンを押す、押さないだけでなく、「触れている」という状態がこのコントローラーにはあります。

この「触れている」を使うことで、指差しというアクションで、トリガーを触れて(トリガーボタン押すわけではない)離すという動作を初めて体験しました。これは新しい!タッチセンサーの時代ならではですね。

思ったより映像が粗い

実際に見えている空間の画像解像度の低さが気になりました。もちろん、字が読めないほど酷いものではなかったですが、現実世界と勘違いするなんてことは無いなってほど映し出されている映像の粗さが目立ちました。

この問題は、新しい製品のスペック向上でいずれ解決するのではと思います。4K(片目)ぐらいになると目に見えて画質が向上するのではないかと。ただ、そうなると要求されるパソコンのスペックもお高くなりそうな予感はひしひしとします。技術的には5年後って感じですね。

没入感はやっぱりすごい、あと最初音がでかい

よくVRはやってもらわないと理解してもらえないって言われます。これは自分でも体験してみて「確かにこの没入感、説明が難しい」と感じました。

最初の最初、操作説明の空間でさえ、ワクワクするというか、全く体験したことの無い感覚、例えるなら、初めて宇宙旅行で無重力空間を体験した(私はしたことないですが)みたいな、そんな味わったことの無い映像の錯覚?を覚えました。

映画館で3Dメガネを使って、映像が飛び出てくるみたいなのありますよね。あれよりもっとすごい。ヘッドセットをかぶったまま、足をぶつけたりするのも分かる気がします。それくらい現実空間を意識しなくなりますね。

チュートリアル?のロボットと遊ぶ部屋が面白かった

操作説明の空間を抜けると、色々な機械が置かれたラボみたいな空間に移動します。これがまた凄かった。ハリウッド映画でCGのみで作った映画とかありますよね、ああいう映画の中に入り込んだような、ごちゃごちゃと物が置かれているラボらしい部屋の空気感が良かったですね。

そしてその空間では、チュートリアルだと思いますが、ガイダンスのような指示は一切ありません。自由に触ってください的な空間になっています。そこでジェスチャーで伝えてくるロボットと遊びながら、手を振るアクションや、物を押すアクション、物をつかむアクションなどを学ぶ形式になっていました。かなり面白かったですね。

ホーム空間が謎だらけ、あと立ってるのが辛くなりはじめる

ラボ空間が終わると、ホーム空間、つまりこっから自由という場所に移動します。そこでは、おしゃれなホテルの一室みたいな広い空間で、スティックを使って自分(仮想空間上の座標)を移動させることが出来るようになります。

ただ、この空間で操作説明はほぼないので、手探り状態なのがちょっと不親切だなと感じました。コントローラーのメニューボタンや Oculus ボタンを押したりして、空間に出てくるメニューバーみたいなのを色々触っている内に時間が経っていきました。

自分はゲーム的操作知識を持っているので、そんなに抵抗は無かったですが、パソコンゲームや家庭用ゲームを遊んだことの無い人にはかなり難解なUIだと思います。もう少し、軽くでいいので、何をすればいいのか、何ができるのかなどを説明しても良かったかなと思います。

ヘッドセットから伸びるケーブルが気になる

VR空間でコントローラーを振り回していると、ヘッドセットのケーブルによく引っかかって折角の没入感が損なわれている気がします。あとケーブルの長さが少し短いですね。もうあと1mくらい余裕が欲しい。

その他、感想ツイート

【コトダマン】サブナブック攻略法 おすすめキャラ おすすめ編成

サブナブック攻略

フェイントリルと共に、ンカイの壺の進化素材になっているサブナブック。フェイントリルは、常に回復しつつ左右同時に倒すというシンプルな正攻法で倒すことができる降臨ボスですが、サブナブックは正攻法ではかなり厳しい相手です。そこで、少しでも参考になればと、この記事を書き残しておきます。

続きを読む 【コトダマン】サブナブック攻略法 おすすめキャラ おすすめ編成

【コトダマン】ゴールデンウィークイベント「GWのことばを作ろう!」の攻略

おすすめコトダマン

・わざが連続攻撃じゃないキャラを持っていく
・回復や補助効果を狙う
・星2や3の回復キャラは回復+攻撃なので不要
・各大陸の中級ステージ6で手に入るロボ系キャラがあるといいかも
・文字つながらないようにする(不必要に攻撃しないようにする)

「い」「う」「か」「き」「く」「こ」「し」「つ」「と」「み」「ん」

続きを読む 【コトダマン】ゴールデンウィークイベント「GWのことばを作ろう!」の攻略

🍜京都一乗寺でおすすめラーメン屋さんを探す!

京都一乗寺のラーメン店をいろいろ巡ってその味をブログに残してみます。美味い不味いではなく、なるべくその味の特徴を書き残せればと思います。店舗情報には無料サービスや特徴を、ラーメン情報には麺の種類や味の特徴など以下のようにまとめていきます。店舗の順番は記録した日付順です。徐々に内容を充実させていこうと思います。

定休日と営業時間(平日)の一覧表を作ってみました

店舗情報
【営】営業時間(随時更新予定)
【席】ざっと数えた席数
【雰】内装の雰囲気、お店の雰囲気など
【備】無料のトッピング、サービスなど

ラーメン情報
【麺】麺の種類(低加水、多加水)、印象など
【具】入っている具材
【ス】スープの種類、印象など
【量】食べたときの満腹感
【肉】チャーシューの大きさ、味など
【甘】甘さ
【酸】すっぱさ
【塩】しょっぱさ
【苦】にがさ
【脂】脂っこさ
【辛】辛さ
【お】個人的なおすすめ度

続きを読む 🍜京都一乗寺でおすすめラーメン屋さんを探す!

【東方異想穴】おすすめ攻略キャラ紹介

東方異想穴で育てられるキャラはたくさんいますが、適当に選んで育成していると、エリア8や9で詰まってしまうという人も多いと思います。そういう人のために、個人的に「育てておいた方がいい」というキャラをいくつかご紹介したいと思います。

注意事項として、東方異想穴イージー全クリアを想定しています。イージークリアでもEXエリア含めて全てのエリアは出現します。

ノーマル以上はバフデバフを積まないとかなり厳しいボスもいますし、属性相性を意識しないと全く歯が立たない(例えば火属性面の馬鹿火力4体とか)場面などが出てくるので、ここで紹介するキャラだけでは難しいかもしれません。

※2017年12月8日更新分まで

個人的おすすめキャラ

【光】霊夢
おすすめ度:★★★★☆

SP自動回復
デバフ防御
強化全体障壁
全体攻速デバフ
自己攻防速バフ
TPダメージ攻撃
防デバフ攻撃

優秀な補助スキルを持ちつつ、TPダメージの炸裂攻撃(200)、防デバフの単体攻撃(250)と、主人公勢の中では防御寄りのスキル構成で、序盤から終盤まで一軍で行ける力があります。デバフ防御とステータスバフにより、デバフ攻撃を食らいにくく、バフカットを食らっても自身のバフで回復できるので、ほぼ敵のステータスに対する攻撃を無効化できるのが最大の強みです。

おすすめ度
★★★★★ 必ず育てるべき
★★★★★ 育てるべき
★★★★☆ お好み
★★★☆☆ 余裕があるなら

続きを読む 【東方異想穴】おすすめ攻略キャラ紹介

ゲーム開発者が補足するUnity公式チュートリアル~Roll-a-ball編~

Unity は優れたゲーム開発ツールですが、Unity 公式チュートリアル内容は英語で、しかもゲーム開発者には馴染みが深くとも業界初心者には難解な部分が結構あります。そこで、チュートリアルを噛み砕いて少しでも分かりやすく解説を追加してみようと思います。自分はプログラマですが Unity は初心者なので、この記事によって自身の復習としたいです。

この記事は以下の環境で開発しています。
Windows10
Visual Studio Community 2015
Unity 5.5.0f3

同じ環境を構築する場合は、Visual Studio をインストールした後にUnityをインストールするべきです。そうすることで、Unityインストール時に、Visual Studio に Unity 用プロジェクト設定が追加されると思います。

では、さっそく解説していきます。
内容は全翻訳ではなく、あくまで補足という形になりますのでご注意ください。

続きを読む ゲーム開発者が補足するUnity公式チュートリアル~Roll-a-ball編~

驚くほど簡単!DockerでWordPress導入

実はこのサイトもDockerで動いています。
DockerでWordPressを動かすまでの手順を簡単にご紹介したいと思います。

Dockerとは何なのか?

一言でいえば、仮想コンテナ管理アプリケーション。
このアプリがやってることは従来の仮想サーバーアプリとほとんど変わりません。
ただ仮想サーバーを「コンテナ化」することで
従来の技術を様々な点で凌駕することができています。

サーバー起動の高速化

個人的に思うに、Dockerが一躍有名になった大きな利点のひとつです。
従来の仮想サーバー技術は、一般的なパソコンと同様に起動までに長い時間がかかりました。
これをDockerはコンテナ化技術によって数秒を実現しています。

構成のレイヤー管理

DockerはPhotoShopの画像レイヤーのように、サーバーの構成情報を細かく積み重ねます。
この管理方法によって、コンテナを再利用することができるようになりました。

例えば、自分の作ったWordPressのコンテナがありますが、
これは一番下にOSのDebian8コンテナ、
それを元にしたPHP7コンテナ、
そしてさらにそれを元にしたWordPressが順に重なってできたコンテナになっています。
このコンテナにさらに何か追加したいときは、このコンテナを再利用すればいいわけです。

構成のコード化

Dockerはコンテナの構成レシピをコード化しています。
この技術はChefなどが有名ですね。
それはDockerfileと呼ばれ、コード化することでSVNやGitを使った差分管理ができます。
DockerfileはGithub(Git管理ウェブアプリ)にて簡単に公開共有できます。

コンテナの高度な管理

Dockerはコマンドによってコンテナを管理できます。
異なるコンテナ間で、通信ができるようにしたり、ファイルを共有できるようにしたり、
コンテナの複製や負荷分散までできます。
Amazon AWSのようなサービスが個人サーバーで運用可能になりました。

他にも、特徴的な所がありますが、
要するに従来の仮想化技術を大きく進歩させた、新しいアプリケーションというわけです。
このDockerの恩恵を具体的に体感できるよう、これからWordPress導入を例にしてみたいと思います。

続きを読む 驚くほど簡単!DockerでWordPress導入

WordPress 入門者が実践 Google AdSense と WP QUADS

まだ WordPress について、いや、Web業界について右も左も分からない

そんな自分が Google AdSense に挑戦してみたいと思います

※ 「WordPress 4.6.1」「AdSense Integration WP QUADS 1.2.6」での解説になります

続きを読む WordPress 入門者が実践 Google AdSense と WP QUADS