【Unity入門】新しくなったUnity公式チュートリアルを軽く解説

Karting Microgame

・・・さて、読者の皆様は、ここまで読んで
いよいよチュートリアルの解説か!と思ったかもしれません。

しかし!最初の方にはこう書いています
「サイトでの最初の道筋を解説してみたいと思います」と・・・

つまり!ここまで!道筋だけ!

ここから先は諸君らが実際にまずはやって見て欲しい!
たぶん大丈夫だから!

マイクロゲームを起動したら「Get Started」を押して、Unity 画面右側の「Start Here」って書いてあるところから始めて行きましょう。

ここでは、最後に、Unity の日本語化と、軽微なバグについて補足します。

英語だけど出来るさ!がんばって!

Unity エディタの日本語化

チュートリアルの内容は日本語化できませんが、エディタの日本語化はできます。これで少しは分かりやすくなるかも?

①メニューの「Edit」から「Preferences…」をクリック

「Preferences…」は日本語だと「環境設定」です

②「Languages」の項目から「Editor language」を「日本語」を選択

やっぱり日本語がいいよね

③選択すると少し読み込みがあってから日本語に変わります

こんな感じで日本語化されます(でもチュートリアルは英語です!)

Build and Share のバグ

自分でやってて「おかしいな?」と思ったので補足します。

チュートリアル5つ目の Build and Share の中で、ビルド設定を WebGL に変更するところがありますが、ここが進行不能になることがありました。

WebGLに変更したら Switch Platform を押す手順だが押せない

対処方法としては、青く囲んだ「WebGL」部分を一度押してから、一度チュートリアルの「Back」ボタンを押して戻り、再度「Next」を押すと青く囲んだ位置が変更されて進行可能になりました。

Back → Next で青枠の位置が変わって Switch Platform が押せるようになった

また、この時 Switch Plartform した後、ビルドするときに保存場所を決めるフォルダ選択画面が出てきますが、そのまま「フォルダーの選択」を押せばOKです。

保存場所のパスがTempになるのはチュートリアルだから?
チュートリアル終了時に消すのかな?

これにて解説を終わります。

初学者へ最初の入り口の場所を伝えることは、これで出来たかなと思います。
このコースが全部終わったら、基礎知識はOKなはずなので、あとは自由に他のコースや個別のチュートリアルやプロジェクトを探してやっていけばいいと思います。

あと、2020年7月ぐらいまで、新型コロナの影響で、有料チュートリアル(プレミアム)がすべて無料で開放されていますので、基礎が終わったら、この機会に有料コースなどを先にやってしまうのもいいと思います。

この記事は 2020年4月19日に作成されました。構築環境は以下の通りです。
Windows10
Firefox75.0
Unity Hub 2.3.0
Unity 2019.3.10f1

Pages ( 5 of 5 ): « 戻る1 ... 34 5

コメントを残す